観葉植物

ビカクシダ リドレイ胞子栽培 開始【Day0】

リドレイちゃん

 

こんにちは。

前回ついに、憧れのハオルチア(オブツーサ)を手に入れてからどんどん植物沼に引きずりこまれているくろみです。

 

 

今回は、もともと彼が気に入っていた植物であるビカクシダリドレイを育ててみようと思います。

 

かっこいいんですよ〜リドレイって。

 

カフェとかおしゃれなお部屋に飾られてそうなイメージ(!?) の観葉植物です。

 

 

ビカクシダ (コウモリラン)  -リドレイ-

出典:Room Clip

ビカクシダはシダというだけあってシダ植物の1郡に分類されます。

普通、植物というと土に生えているイメージですが、、なんとビカクシダは土壌ではなく他の木の上などに根を張って生活する特徴(着生植物)を持っていますw

 

他の木の上に住み着く!?

 

言葉で聞くとなんだか怖いですが、その特性を活かして栽培することですごくすごくかっこいい観葉植物になるのですよ〜〜

 

さらに葉っぱもすごく特徴的で、2種類の形の葉を持ちます!

 

下の方に伸びるキャベツのような形をした葉は貯水葉の役割を果たし、上の方に伸びるスプーンのような形の葉(の裏側)には胞子をつけるというなんともふしぎな植物!

 

リーちゃん
リーちゃん
キャベツっていうな!

 

 

下のほうにあるキャベツみたいな葉で、着生する元の土台を包み込むように育っていきます。

 

栽培の過程で、リドレイをこの土台となるものに着生させますが、何を土台にするかによって雰囲気がかなり変わります。

網にしている方もいれば流木を土台としている人もいたり、、、どれも素敵ですね。

 

 

 

リドレイの胞子を手に入れました!

 

大きいリドレイはかなり高いんです、、

板付きの大きいものだと8000円ほど。。

 

ひえ、、、買えないw

 

ということで、ブリーダーさんからリドレイの胞子を譲っていただいて、自分の手で最初から育てていくことにしました。

(育てられるかはわからないですが、、笑)

 

こちらがリドレイの胞子。

ジップロックに茶色のもさもさが入っているだけのように見えます、、、見た目は。

よーーーく見ると、きっとものすごい入ってる、、、w

見た目はさくらでんぶみたいな感じです。

あのお弁当とかのり巻きとかによく入ってるピンク色のあまーいやつ笑

でも茶色だからおいしくはなさそうですねw

 

 

他の方のブログに、リドレイの胞子はあまい香りと書かれていたのでにおいをかいでみました。

 

なんかわかるかも。

ほのかに甘いような気が……けど、ココアとかみたいな良い香りではないです。

 

一番近いのはなんだろう…

 

タンスに長年しまってて少しほこりっぽい匂いの巾着みたいな匂いかなぁ…

 

文字だけ見てるとなんだか臭そうですね。笑

 

この後、リドレイの胞子を吸い込んだのかくしゃみが止まらなくなりましたので匂いをかがれる方は要注意です!笑

 

 

リドレイの胞子をまく。

 

そもそも、種まきはしたことはあっても胞子まきってみなさんしたことありますか?

私はないです。

 

胞子ってどこにどうやって生えるの?

 

と疑問に思うレベルの知識なので、他の方の栽培方法を参考に蒔く事にb

 

土台としてみなさんが使っているのは、

  • ピートモス
  • 水苔

 

が多いようです。

 

とりあえず私は水苔を使用する事にしました。

(近くのお店で水苔をすぐ見つけることができたので…ピートモスはやめました)

 

準備したもの

オブツーサのときはいろいろ足りないものがあったので今回は念入りに準備しました笑

 

  • 容器

ダイソーで購入したジャー、タッパー、コーヒーが入っている瓶

  • 土台

水苔

  • ビカクシダ胞子

リドレイ

 

プロトコル(笑)

入れ物に水苔を入れる

水苔は入れすぎず、フタとの空間を作って空気の入るスペースを確保してあげる方がよく生えるそうです。

水苔を熱処理し、カビやその他の微生物などを殺す

→熱湯をかける方が多いようです。

私も高温処理して、冷ましました

このとき、水位が水苔の1/3になるくらいまでに調節しました。

 

リドレイの胞子をまく

かたまったところに胞子を蒔かないようにはらはらと散りばめました。

 

霧吹きでシュッシュし胞子を軽く濡らす

 

フタをしめて20~25℃のところへ置く

 

 

以外に簡単でした。

 

このときは

タッパー×1、ジャー×1 を作成。

 

 

そして後日、

コーヒー瓶×3 を作成しました。

 

 

カビの混入を防ぐため、タッパーのフタはあんまり開けない方が良さそうです。

水位を見て、少し湿気がなくなってきたなぁという頃に霧吹きで水を足すようにしていきたいと思います*

あとはじっくり我慢!

リドレイは発芽までに1ヶ月近くかかるそうなので忍耐勝負ですね!

 

 

気になる、開けたい、触りたい

 

 

我慢します。笑

 

 

 

まとめ

胞子培養には湿度を温度がかなり重要なようです。

今の季節にまくのが凶と出るか吉と出るか…

 

辛抱強く、1ヶ月発芽を待ってみたいと思います♡

せめて1つでもいいから立派なリドレイに育てて、プレゼントしたいなぁ〜

 

発芽したらまた報告します(^u^)

 

以上、ビカクシダ リドレイの胞子培養記録でした!

 

ビカクシダのリーちゃんを新キャラで登場させました♡

 

多肉植物の宝石 ハオルチア オブツーサの抜き苗購入こんにちは。 最近彼の影響で観葉植物にどハマりしているくろみです。 観葉植物、かわいいですよね~♡ 日...

 

スポンサーリンク