観葉植物

多肉植物を増やしてみよう!初の葉挿しをやってみました*韓国苗

葉挿しをするためにトレーに並べた多肉植物

こんにちは。

くろみです(°▽°)

熱とだるさのダブルパンチでヨボヨボです、、

この時期いつも風邪をひく、、

みなさんもお風邪気をつけてください。

 

今回は風邪でヨボヨボながらも初の葉挿しに挑戦してみました!!(〃ω〃)

 

多肉植物の魅力の一つ!葉挿しとは?

むっちりぷっくりな葉っぱを持った多肉植物。

たっぷり水分を蓄えているため、乾燥に強いし植物であることは有名ですね(^^)

そんな多肉植物だからこそできる増やし方!それが葉挿しなのです。

葉挿しとはいわば、クローンを作ること!

 

なんと、多肉植物はポロリと取れてしまった葉っぱをそのまま転がしておくだけで根っこが出たり若葉が出てきたりしてそこから子供がうまれてくるのです(°▽°)

こんな感じでニョキッと↓

(前にオブツーサ購入時におまけでいただいた朧月君です☺︎)

葉っぱの付け根のところから根っこが出てますね!

 

不思議ーーー♫

多肉でない植物さんだと、すごく珍しい品種のものとかがあったとしても種から気長に育てるか、高いお金を出して苗木を買うか、、とゲットする方法が限られてしまいます。

その点多肉さんだと、欲しい品種を持ってる人から1枚葉っぱをもらえば、増やせるかもしれないということです★

(葉挿しは100%成功するわけではないらしいのでそこは運ですが…)

 

葉挿しのやり方

 

ということで葉挿しのやり方を調べました(°▽°)

人によって色々やり方はあるようですが、、

共通してみなさんやっているのは

 

葉をもいだら風通しの良いところで乾かす

です。

ティッシュの上でやられている方もいれば、土の上に転がしておいてやってる人もいます。

 

とりあえず、私はしばらくティッシュの上で転がしておいて、根が出てきたら土の上に移す作戦にしました!

 

今回葉挿ししてみる子達

ブリーダーさんから大量に葉挿し用の葉をもらってきました!

しかももぎたて!

葉挿しは品種によって春にやった方が良い子と秋にやった方が良い子がいるそうなのですが。

この子たちは10月にもいだらしくとりあえず、15日間くらいティッシュの上で転がしてみました。

じゃーん( ´∀`)

こんなにたくさん!

中にはアメジスチヌムとアプリコット美人錦、ピンクローズなどなど!(写真には載ってませんが)

少し珍しい品種から韓国苗までたくさん(^^)

 

とりあえず、アメジスチヌム目当てで購入したので、、

この子だけは!葉挿しを成功させたい!!!泣

 

根が出たので土へ

なんとなんと、アプリコット美人錦ちゃんやピンクローズちゃんからひょろっと根が出てきたのでさっそく土へ♫

良さげな入れ物がなかったため、ダイソーで水切りの受け皿の方を購入し代用!

土を3センチくらいひいて、、

葉っぱを転がしてみました(^^)

 

根が出てる子には少し土をかけてあげて霧吹きでほんの少し水分をあげてみました!

葉挿し成功しますように◎

スポンサーリンク