観葉植物

【植物初心者がブルゲリを育ててみた】女仙!ブルゲリ実生チャレンジ 約200日目 【種まき】

最近めちゃくちゃブログ放置してました。

リドレイもブルゲリも経過報告しなきゃなのに、、すみません笑

やっと重い腰を上げて、、笑

今回はブルゲリ実生の経過報告します(^O^)

【ブルゲリ実生】女仙!種まきから80日目。育成レポート

ブルゲリ種まきから約200日目

シラミの卵のようなタネを蒔いてから約200日経ちました。もうそんな前なのですね〜

合計14粒撒いて発芽したのが6粒。

はたしていまブルゲリちゃんは何個生き残っているのでしょうか、、!!

 

こんな感じです。

 

 

かなり見えにくいですが、5個生き残ってます!

大きさは5mmほど。

シラミの卵レベルだったのにこんなに大きくなるなんて(°°)と毎回感動してます。

大きいものだと7センチのブルゲリとか普通にあるそうなので、そうなってくるともう子育てみたいな感じですね。

まずは1センチ超えられるといいなあ〜。

 

ブルゲリの培養環境

まだ日が浅いため夜は植物用LEDライトを当てて、日中はカーテン越しの日が当たるところに置いてます。

植物育成LEDライトを自室で当てている写真

ブルゲリ育成の最大の関門は夏場らしく、、それまでにいかに光を当ててつよい個体に育てられるかが鍵と何かで読んだことがあるので、なるべく光を当てるように心がけてます。

そして水やりはというと、まだ暖かくなりかけなので腰水を維持してます。

もう少し大きくなったら断水して乾いたら水やりという方法に切り替えるつもりです。

でも、、このタイミングの見極めがかなり運命を左右しそうな予感。笑

こわい〜〜〜

 

腰水が原因でトラブル勃発

そしてこの腰水。

発芽したての時期はかなり水分が必要らしく腰水必須と言われています。

乾燥厳禁!

とどのサイトでも書いてあるのに、学会に行ってる最中に腰水が干上がってしまいブルゲリ1個が跡形もなく消失しました笑

ということなので、ほんとうにいつ腰水をやめれば良いかわからない、、

そして気づくとタネをまいてから現在までずっと腰水状態

水分不足にならない面では良いのかもしれませんが、ずっと湿ってる=カビが発生しやすいということでもあるようで、、

土の表面にカビが(´_`)

そして周りを覆うようにカビに囲まれてしまったブルゲリも、、

相当元気がなくなってます。。

 

ということで。

エタノールを散布することしました。(香水を吹きかける用のアトマイザーに入れてシュッシュします)

カビ予防にエタをかけてるという方を一名見つけたので参考に、、。

そもそも植物にエタノールをかけて大丈夫なのかとかは私はまったく知識がないのでわかりません×

とりあえずカビがひどい1カップのみ散布。

エタノールは消毒用70%エタノールを使用。

これが吉と出るか凶とでるか、、様子見していこうとおもいます(^^)

まとめ

ブルゲリ種まきから約200日。

5mmにまで成長しました!

しかもコスメ用の広角レンズで撮ってみたのですがキラッキラ!

ブルゲリはまさに植物界の宝石ですね(^O^)

植物育成初心者のわたしがどこまでブルゲリを育てられるのかはわかりませんが、マイペースで培養環境を研究していこうとおもいます(°▽°)

スポンサーリンク
ABOUT ME
くろみ
現在、生物学系分野のD1(大学院博士課程1年) PhDゲットに向け日々回り道をしながら研究生活を楽しんでいます。 万年ダイエッター 趣味:タヒチアンダンス 今年の目標:論文をすばやく読めるようになる(笑)